入会について


会則


第一章 総則

第1条(名称)

本クラブはアーバンフィットネスクラブ”ザムロッド”と称します。

第2条(所在地)

本クラブの所在地は、神奈川県厚木市中町3丁目3番地9号です。

第3条(運営・管理)

本クラブの施設は株式会社アーバン(以下会社という)が所有し、その運営・管理を行います。

第4条(目的)
本クラブは、スポーツを通じ、健康と豊かな心、そして楽しく品格のあるクラブライフを会員に提供するとともに、地域社会における健康で明るいコミュニティーづくりに寄与することを目的とします。

第二章 会員

第5条(会員資格)

本クラブは会員制とし、個人会員・法人会員の二制とします。会員はそれぞれ約款に定める会員区分ごとに登録され、本クラブ施設利用約款に基づき諸施設を利用することができます。会員が本クラブ諸施設を利用するときは、個人会員は会員証を提示し、法人会員は本クラブの定めた会員証を提示するものとします。

第6条(入会手続き)
  1. 会社は、本会則および約款に基づく契約を締結し、会社の承認を得た上、規定の入会金・会費を納入して会員の資格を得た方を本クラブの会員とします。
  2. 一旦納入した入会金・会費等は事由の如何を問わずこれを返還いたしません。
第7条(会員資格の譲渡・貸与の禁止)

本クラブの会員資格及び会員証は、これをほかに貸与、譲渡することはできません。

第8条(会員資格喪失)

会員は、次の場合に会員資格を喪失します。

  1. 会員が退会したとき。ただし、事前に会社に所定の届出を行うものとします。
  2. 会員が除名されたとき。
  3. 会員が死亡したとき。
  4. 法人が解散したとき。
  5. 経営上重大な理由により本クラブを閉鎖したとき。
第9条(会員除名)

会員が次の各項の一つに該当するときは、会社は該当会員を除名することができ、会員はその資格を失います。

  1. 本クラブの会則、利用約款その他の諸規則に違反したとき。
  2. 本クラブの名誉を傷つけ、秩序を乱したとき。その他入会後に施設利用約款第2条に定める入会資格を有しない事由に該当するとき。
  3. 会費等諸費用の支払を怠ったとき。
  4. 会社が本クラブ会員としてふさわしくないと認めたとき。

第三章 その他

第10条(ビジター)
  1. 本クラブは、会員が同伴して会員以外の方に本クラブ及び諸施設を利用させることができます。尚、この場合、ビジターは別に定めた施設利用料金を支払うものとします。
  2. 会員1名につきビジターは3名までとします。但し、15才未満の方はご利用いただけません。
第11条(会則・施設利用約款の改定)
  1. 会社は、必要と認めた場合、本会則及び施設利用約款の改正を行うことができます。尚、改正内容は全会員に適用されるものとします。
  2. 本会則は平成20年2月より施行します。


施設利用規約


第1条(施設利用)

本クラブを利用しようとする方は、本クラブ会則及び約款に基づき会社と契約し第5条に定める区分により会員にならなければなりません。

第2条(入会資格)

本クラブに入会できる方は、15才以上の方で本クラブの趣旨に賛同し本規約を承認した方とします。ただし、下記の各項に該当する方は入会資格を有しません。

  1. 健康に異常のある方
  2. 本クラブの会員としてふさわしい品位と社会信用のない方
  3. 刺青(タトゥー)をした方
  4. 暴力団関係、薬物常用の方
第3条(未成年者の扱い)

未成年者が会員になろうとする時は、本人とその親権者が連署して申し込みを行うものとします。この場合、親権者は本施設利用約款に基づく責任を連帯して負うものとします。

第4条(会員資格取得)

会員になろうとする方は所定の申込書により会社に申し込み、会社の承認を得た上、会員区分にしたがって会社の定める入会金、その他所定の費用を会社に払い込むものとします。その手続きが完了した時、会社との間に約款に基づく施設利用契約が成立し、これに基づく本クラブの施設利用権を取得し会員となります。

第5条(会員の区分)

本クラブの会員の区分は別紙の通りとし、会員の要件及び利用範囲をその条件については会社が別途これを定めます。但し、下記会員の他に名誉会員を置くことがあります。

  1. 個人会員
  2. 法人会員

会員の本クラブ施設の利用料金、利用範囲、その条件については会社が別途これを定めます。

第6条(会員証)
  1. 会社は会員に対し会員証を発行します。
  2. 会員が本クラブ諸施設を利用する時は、会員証を必ずフロントに提示するものとします。尚、会員証をお忘れになりますと入館できません。
  3. 会員は会員証を第三者(法人会員については、その法人の構成員以外)に貸与することができません。貸与した場合は会社は、その会員を除名することができます。
  4. 会員は会員証を紛失した場合には、すみやかに会社に届け出、ただちに所定の手続きを行い再発行を会社に申請するものとします。
  5. 会員が会員資格を喪失した時は、すみやかに会員証を会社に返還しなければなりません。
第7条(入会金・会費等)
  1. 入会金・諸会費・諸料金の金額・支払時期・支払方法等は会社がこれを定めます。
  2. 会員が本クラブ諸施設を利用する時は、会員証を必ずフロントに提示するものとします。尚、会員証をお忘れになりますと入館できません。
  3. いったん納入した入会金・諸会費・諸料金等は事由の如何を問わずこれを返還いたしません。
  4. 会社は経済情勢等の変動に応じて入会金・諸会費・諸料金等の金額を変更することができます。
第8条(健康管理)

会員及びビジターは各自の責任において健康管理を行うものとします。

第9条(諸規則の遵守)

会員は本クラブの施設利用に関して、会則、約款および会社が別途定める規則等を遵守しなければなりません。

第10条(入場禁止・退場)

本クラブは、会員及びビジターが下記の各項に該当する場合は、その会員を本クラブへの入場禁止および退場を命じることができます。

  1. 伝染病等に罹患しているとき。
  2. 酒気を帯びているとき。
  3. 健康状態を害しており、運動することが好ましくないと判断されるとき。
  4. 他の本クラブ利用者に迷惑をかけると判断されるとき。
  5. 会則、利用約款その他会社が定める事項に違反、または会社の指示に従わないとき。
第11条(営業日)
  1. 本クラブの休館日は下記のごとく定めるものといたします。
    第1・第3月曜日、年末年始、夏季施設点検日
  2. その他諸事情により変更が必要とした場合といたします。
第12条(休業)

本クラブは第11条の休業日を設けるほか、施設整備、その他やむをえない事由が発生した場合随時休業することがあります。臨時休業する場合は、事前にその旨を施設内に掲示します。

第13条(施設の閉鎖)

会社は、次の事由により本クラブの全部または一部を閉鎖することができます。尚、この場合、会員に対する補償は要しません。

  1. 気象、災害等により、営業が不可能なとき。
  2. 施設の改造または修理のとき。
  3. 本クラブが企画し、実施する諸活動を行うとき。
  4. 経営上重大な理由があるとき。
第14条(損害賠償)
  1. 本クラブ内で発生した盗難、損害その他の事故については会社は一切の責任を負わないものとし、会員が本クラブの施設利用に際して、会員の責に帰すべき事由により会員が受けた損害については、一切損害賠償の責任を負いません。ビジターについても同様とします。
  2. 会員が本クラブの施設利用に際して、会員の責に帰すべき事由により会社または第3者に損害を与えた場合、会員はすみやかにその賠償の責に任じるものとします。ビジターについては同伴した会員が該当ビジターと連帯して賠償の責に任じるものとします。法人会員利用者の場合は登録法人が一切の責を負うものとします。
第15条(退会・休会)

会員が本クラブを退会する場合は、会員証を添付のうえ退会届を当月10日までに提出し、会費、利用料等の未納金がある場合には、これを完納するものとします。また、退会月の翌月を起算として1年間を休会とすることができる。

第16条(変更事情の届出)
  1. 会員は、住所、連絡先およびその他入会申込事項に変更があった場合には、すみやかに会社に届け出るものとします。
  2. 一切の会員への通知は、会員から届出のあった最新の住所あてに行い、会社は以後の責を負わないものとします。
第17条(約款の改定)

会社は、必要と認めた場合、本約款の改定を行うことができます。なお、改定内容は全会員に適用されるものとします。